top of page

Cultivation method

​ダリアの栽培方法

​球根を買い求める際の注意点

時期

ダリアの球根は、通信販売や園芸店、ダリヤ園等で手に入れることができます。通信販売は1月頃からカタログやホームページで注文が開始され、園芸店等では3月頃から店頭に並び販売が始まります。 

注意点は、植付けの適期が地方によって違うため、その時期(八重桜の開花期以降)に購入するよう心がけましょう。なお、植付適期は、関東以西が3月下旬~4月下旬、東北・北海道が4月下旬~5月下旬です。

根のあるものを求める

ダリアの球根には、必ず1球に1個以上の芽がついています。特に、ワックス処理をした球根は、注意して確認しましょう。

​芽の出てしまった球根の扱い

芽がのびすぎていた場合、元から3~4cm残して、その先は切り捨ててから植え付けましょう。 ポリ袋詰めの球根によくこのようなことがあります。袋の中で曲がりながら10cm近くも伸びていることがありますので注意しましょう。

​球根の大小と、花の善しあしは無関係

ダリアの球根には品種によって、丸型、細長型、太長型、細首型等様々な形があり、一定の球形ではなく、 また球根の大小も様々です。球根の役割は、球根についている芽を保護することであり、球根の大小と花の善しあしとはまったく無関係です。球根は、大小は問わず、腐ったところのあるもの、首の部分にひび割れのあるもの、その疑いのあるもの等は買い求めてはいけません。

分球の時期

購入した球根は分球の必要がありませんが、株で貯蔵した球根は分球が必要です。植え付ける頃に行います。

分球の方法

無事に越冬したダリアは、保管した時とあまり変わらず、中には芽が伸びているものもあります。 また、少々しなびれているものもありますが、その程度ならまず心配ありません。分球は、球根のつけ根の茎をつけ、 剪定ばさみ等で切り離してください。

​分球

球根の植え付け時期

北海道では5月下旬頃が適期です。東北、北陸地方は5月上旬~中旬、関東地方以西では4月上旬~が適当です。

植え付け場所(露地)

ダリアは性質がいたって丈夫な植物で、いずれの土質でも栽培できます。 まず、水捌けのよい所を選びます。水捌けの悪い場合は高うねにします。
 ダリアは一昼夜水没したら滅します。また、広いスペースがあり、日当たり、風通しのよい場所が選定できればよいのですが、都会地では、 庭の周囲に建物があったり、樹木が植わっていたりして、朝から晩まで、日の当たる 場所を選ぶことは困難でしょうが、できるだけ水捌けがよく、日当たりのよい場所を選ぶべきでしょう。日当たりが悪いと茎が自然に軟弱に伸び、 風で幹が折れることがあります。

​肥料

肥料の分量が多すぎれば、発育を阻害し、また、少なければ貧弱になって良花が見られません。ダリアは夏から霜の降りる頃まで咲き続けるので、 肥料も化学肥料のように即効性ものより、持続性のあるもの、鶏糞、魚かす、油かす等を等量配合します。全部が入手できなければ、 入手容易なものを何種か混ぜて用います。

​元肥

前の混合した肥料を作土全面に散布し、深さ30cm位に耕します。土の塊はていねいに砕き、土を柔らかくします。

​植え付け方法

球根を植える深さは、球根の大きさにより多少違いますが、大体、深さ3cm位で水平に植え込みます。 その時に球根の芽の部分を目印に支柱を立ててやり、芽が出てくる目安ににしておきましょう。 その後、1~2回の土寄せで30cmの高さのうねにする(芽の深さが10cm以内)。

​球根の植え付け

水やり・追肥

水やりは特に乾燥した時以外は必要ありません。追肥は成長とともに行います。ダリアの根張りは旺盛ですから、 根元より離れた所に7月~9月にかけて、2回位に分けて与え、軽く土寄せをします。

​整枝

草姿を乱れることのないように整えるには、脇芽をつみ取らなければなりません。枝の節々から全部脇芽が出てきます。 各枝の頂花1つを残し、上から2~3節までの脇芽を全部摘み取ることによって、花梗(かこう)の強い、優れた花を得ることができます。 また、脇芽を取ることによって、次の成長が早く、丈夫で長い枝が次々と出てきます。

​植え付け後の管理と手入れ

​堀り上げと貯蔵

​堀り上げ時期

晩秋の初霜の頃が適期です。北海道では遅くても11月上旬までに、東北以南は11月上~中旬に掘り上げます。

​堀り上げ方法

掘り上げは晴天の日を選んで、球根の首が折れないように掘り取ります。
土をよく落とし、茎は球根のついている所より5cm位上の所で切り離します。球根数が多い場合、1株を4つ位に大割することもよいです。 ただ、その際に注意することは、1球の場合と同様に、芽を持つ茎の1部が球根についた状態にしないと翌年発芽しません。

​貯蔵

まず、掘り上げたダリアの株、又は大割にした球根を陰干しにして乾燥させます。その後、木箱又はダンボール箱に詰め込み、 保管中球根が過乾燥しないように、又防寒も兼ねて箱を紙で包みます。保管するときは、温度が5~ 7℃の所に置くようにします。

品種の選び方

鉢植え、プランター栽培なら、畑の少ない方でもダリア作りが可能です。草丈があまり伸びない早生品種 (たとえば、大輪では、マルコムズホワイト、銀映)がよいです。

作り方

菊鉢の大きなもの、もしくは深鉢の8~10号、プランターを準備し、市販の培養土(肥料入り)に緩効性肥料を少し加えよう土を準備します。以下、露地栽培と同じ管理でよいですが、次の3点について気を付けてください。

point

  1. 十分な陽当たりが必要です。

  2. 水管理は多すぎても困りますので、土の表面が乾いたら、灌水します。

  3. 暑い時には、ハダニ等がつきますので、葉の裏へ水を霧吹きでかけ、乾燥を防ぎます。

ダリアの鉢植
(プランター栽培)

​ヨトウムシ

ダリアの葉裏にヨトウガの卵が生み付けられ、やがて、これらが長さ6mm位の幼虫となり、 1枚の葉裏に数百匹で群をなし食害します。葉をとって捕殺するか、薬剤を葉裏に十分に散布して防除します。 これを怠ると、若芽、花蕾を食害され、穴だらけになります。成長した幼虫は昼間は土中などに隠れ、夜間出て根元や葉を食害します。 根元近くを探して捕殺するようにします。

​ハダニ

7~8月頃に発生します。肉眼で見ることのできない小さな虫で、これも葉液が吸収され葉を痛めます。 特に、道路近くで塵やほこりがかかるところは発生しやすく、放任しておくと、葉は褐色になりダリアは枯れます。

​病気

北海道は夏も気候が冷涼なので、病気は少ないようです。葉に縮れや、黄変が見られるウィルス病等が出た株は、抜き去るようにします。

ダリアの病気と害虫

bottom of page